引越し業者の選び方

商品名 引越し業者の選び方 商品カテゴリ 通販
商品説明

———————————————————————————-
訪問見積もり時の準備やマナー
———————————————————————————-

引越し業者を選ぶにあたり、幾つかの業者から見積もりを出してもらい、その中で引越しを依頼する業者を選ぶ事になります。
今ではインターネットで見積もりを出す事も可能ですが、営業マンに訪問してもらい見積もりを出してもらう方がより正確に、詳しい話も聞けるのでお勧めします。
引越し業者の選び方として営業マンの訪問は重要です。

営業マンに訪問してもらう際、準備しておくもの、マナー等もありますので注意しましょう。

まず、同じ日に数社の営業マンに訪問を頼む場合、営業マン同士がブッキングしない様に時間をずらしましょう。
2社以上同時に見積もりを出してもらう事は出来ません。
後からきた営業マンを待たせてしまう事になります。
色々質問などしていると予定よりも長引きます。
最低でも1時間程間を空けておいた方が良いでしょう。

訪問した営業マンは引越し当日に運ぶ事になる家具のサイズ等、家の中を見て周ります。
見られたくないもの、他人が見て不快に感じるものはあらかじめ片付けておきましょう。

そして営業マンの話をしっかり聞くこと、業者のPRポイントや利用者の引越し当日までの流れを話し終わる事なく料金の説明にはなりません。
営業マンの話を全部聞いてから質問や相談等に移りましょう。

引越し先の住所、引越しの希望日、業者に運んでもらう荷物。
少なくてもこの3つが決まっていなければ見積もりは出せません。

引越し業者に運んでもらう物、日程、作業開始時間や午前便か午後便等を決めておくと話がスムーズに進みます。

その方が値引きやサービスの交渉も上手くいくでしょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
ダンボールのみの引越し
———————————————————————————-

実家を出て初めての一人暮らし・離婚等、家具は新しく買い替える場合。
また単身赴任等、家具付きの賃貸への引越しの場合。

小物だけダンボールに詰めての引越しになる事がほとんどです。

そういったダンボールのみでの引越しにおすすめなのは断然、宅配業者。

ダンボールのみでの限られた引越しならば、引越し業者に依頼するよりも、宅配業者に依頼する方が格段に引越し料金が安くなります。

引越し業者と宅配業者との違いの一つで大きなのは作業員の数です。

宅配業者の場合、ドライバーが一人来て、そのドライバーが作業をします。
引越し業者の場合はドライバーと別に作業員がついてきます。
その分だけでも引越し料金に差がつくのは当然ですね。

そこで、宅配業者に依頼する場合の注意点。
一人で運べる荷物のみということになります。
そしてしっかりと箱に梱包されている事。

電子レンジや32型の薄型テレビ等、小さな家電も箱に入っていて一人で運べる物なら輸送が可能です。

デメリットとしては、どんなに近距離でも宅配業者に預けたその日には引越し先に荷物が運ばれない事。
積み替えがあるので荷物が破損するリスクが高まる事。
ダンボール等に梱包出来ない物がない事に限られる事。

メリットは料金が格段に抑えられる事。
見積もりの必要が無く、すぐに引越しする事ができる事。

ダンボールのみでの小規模の引越しの場合には引越し業者に依頼するよりも、宅配業者に依頼する方が断然おすすめです。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
ネットでの見積もり
———————————————————————————-

インターネットを使って引越しの見積もりを取るのは非常に便利です。

一度入力するだけで、複数の業者から見積もりを取る事ができ、まとめて比較しやすいので同じ条件の最安値が見つけやすくなります。

もし、すでに引越し業者をなんとなく決めていても、引越し料金には定価がなく、その料金が適正なのかは解りません。

インターネット上の一括見積もりサイトでは、一度フォームに入力するだけで複数の引越し業者から即時に料金の回答を得る事ができます。

後は提示された料金から業者を選び申し込みをすれば良いので非常に便利です。

連絡が入ってきた先が一括見積もりサイトだという事は、各引越し業者が知っています。
つまり、複数の引越し業者との価格競争になる事が解った上で料金の提示をしてくれます。

手間も時間もあまりかからず、同じ条件での最低価格に辿りつきやすくなるのです。

しかし、あくまで引越し業者を絞るだけで、ネットやメールだけでの性格な見積もりは出来ません。
メールを送ると電話がかかってくる業者がほとんどです。

一括見積もりサイトで出たものは「概算見積もり」です。
正確な見積もりを取るためには電話や訪問が必要です。
結局、訪問見積もりは必ずついてくるものなのです。

訪問見積もりは時間も結構かかりますし、他人が家に上がりますので手間だと感じる事もあるでしょう。

何件も業者を家に呼んで見積もりをしてもらう必要が無くなるので、業者を絞るにはとても便利なので選び方の一つとして非常におすすめです。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
引越し業者の種類と特徴
———————————————————————————-

引越しを専門に扱う業者や、主に一般の荷物を扱うが、業務の一環として引越しを行う運送業者など、引越し業者と言っても実は数種類の業者とその特徴があります。

そういった業者の種類と特徴を紹介していきます。

引越し専門業者。

主に引越しを事業として行う業者です。
車両や設備、梱包資材などが充実しており、引越し作業員の技術や、その教育などもしっかりされています。

そのため、安定した作業とサービスが期待でき、安心して引越しを任せる事ができます。

梱包、開梱包といった荷造りや荷解きなどのオプションサービスは、引越し専門業者ならではのサービスです。

その分、他の引越しを扱う業者と比較すれば費用は高くかかります。
特にTVCMなどで見かける全国展開している大手引越し専門業者になれば、費用も上がりますが、より安心して任せる事ができるでしょう。

地域密着型引越し業者。

引越し業者の中で最も需要と業者数が多いのが地域密着型の業者になります。

業者間の費用やサービスに差が大きく出る事。
こなす引越しの数が多くの短期間で経験ある作業員が育つ事。
価格競争が激しく、費用が安く抑えられる事。
が特徴です
軽貨物引越し業者。

軽貨物運送業者で引越しも業務の一環として行っている業者。

一人暮らしなど規模の小さな引越し向けで、費用が安く抑えられる。
しかし、作業員が1人で運転してくるので、荷下しや家具の運搬など手伝いをしなければいけない場合があります。

また、梱包資材を持っていない業者もあり荷物の梱包を望めない場合があります。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
電話での見積もり
———————————————————————————-

引越し業者を選ぶのに重要なのが見積もり。

引越し料金の見積もりを取るには訪問だけでなく、電話での見積もりができる場合もあります。

電話での見積もりのメリット、デメリットを紹介します。

まず、メリットとして引越し当日まで部屋を見られないという事。

訪問見積もりでは営業マンがやってきて家中の家具を見て周ります。
営業マンは男性の方が多く、特に一人暮らしの女性には抵抗を感じる方もいるかもしれません。

電話での見積もりではそういった事がなく引越し当日を迎える事ができます。

また、部屋が散らかっていても片付けなくて良い。
人が来る事で気を遣う必要がありません。

しかし、デメリットもあります。

電話での見積もりには時間がかかります。
名前や住所、引越し先等必要事項だけでも結構多くの項目があります。
特に時間がかかるのは荷物の内容。

これが電話だとなかなか伝わりにくく、時間がかかると同時に結構なストレスがかかります。

そしてもう一点、荷物の量が限られる事。

電話での見積もりが出来るのは、単身、一人暮らしの引越しの荷物量。

荷物が多くなれば電話での見積もりができません。

また、電話だけの見積もりでは最安値にだどり着くのは難しくなります。

訪問見積もりでは営業マンと密に話し、値引きの交渉等も出来ます。
しかし、電話見積もりでは「積みきれない」等のトラブルを避けるため、トラックのサイズを大きく見積もる事が多いのでその分料金が高くなる可能性があります。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
引越し費用の仕組み
———————————————————————————-

引越しの費用は、荷物の大きさや数で必要な車両のサイズや作業員の数の割り出し、エレベーターや階段作業の有無など、引越しの環境でも変わってきます

引越しの見積書や契約書に記載される費用は『基礎運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス料=引越し料金』という計算式を元に費用の計算がされます。

基本運賃・基本作業料金は時間制と距離制があり、業者が都合の良い方を選択できます。

このシステムは、あらかじめ国土交通省によって定められている標準引越運送約款、または認可制の引越運送約款というものに基づいて計算されます。

時間制。

4時間か8時間、軽貨物運送業者の場合は2時間か8時間という基礎時間があります。

それに、移動を含めた作業時間が1時間を超過するごとに追加料金が加算されます。

距離制。

100Km、軽貨物運送業者の場合は30Kmという基礎距離があります。

輸送距離が超過すると1Kmあたりの追加料金が加算されます。

実費。

作業員人数分の荷役費、資材費、交通費等。

積み地から降ろし地までと、降ろし地からの引越し業者帰路分の有料道路の料金を見積もりに含める事がほとんどです。

フェリーを利用する場合も荷主が引越し業者の往復分を負担することになっています。

付加サービス。

エアコンの取り付け、不用品の処分、ピアノの運搬等がこれに含まれます。

引越し業者が自社で対応する場合には比較的安いですが、提携業者に依頼する場合は費用に差が出ます。

中には引越しのキャンセル防止の為、内金・手付金等請求する営業マンがいるらしいですが、違法行為なので気をつけてください。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
模様替えで重い家具を移動したい
———————————————————————————-

模様替えを行いたいが、荷物が重たくて移動できないと困ったことはありませんか?この場合、自分で頑張って移動したり便利屋にお願いしたりする人もいらっしゃるでしょう。
誤って家具が転倒してしまい、大けがをしてしまうという事もありますので、自分で運ぶのは小さくて軽いものだけにしておいた方が無難です。
しかし、家具の移動を専門にしている引越し業者にお願いした方が、床を傷める心配や家具が傷むという心配はいりません。
引越し業者によっては、引っ越してから一年以内の場合の家具移動を無料で行っている所もあります。
これは一年以内に模様替えする可能性があるという人におすすめのサービスであると言えます。
しかし、模様替えだけでも引越し業者にお願いする事は可能です。
また、移動だけでなく家具の清掃サービスもセットになっている所もあります。
久しぶりに家具を動かすと、埃や汚れがびっしりと付いていたりするのですが、これを移したいと思っている場所に移動する前に、きれいに業者が清掃してくれるのです。
さらに、大きな荷物を二階より上に移動したいという場合、間取りや家具の大きさによってはクレーンを使わなくてはいけないという事があります。
この様な場合は、便利屋にお願いするのは難しいです。
引越しの場合はこの様な事態も起こり得るので、クレーンを所有している業者もあります。
無料で使用できる所もあるので、見積もりをお願いする際にクレーンがあるかどうか確認しておくと良いですね。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
引越し見積もり書
———————————————————————————-

引越し業者を選び方として見積もり書を出してもらうことは大切です。

引越しの見積もり書はそのまま契約書になる事がほとんどです。

しっかりと細かく記載されているかチェックしましょう。

引越し業者名や連絡先、引越し先と現住所、引越しの費用等のチェックは当然ですが、他にも注意しておかなければいけないポイントがあります。

営業マンが作成する作業指示書を元に作業員が引越し作業をします。

営業マンとの交渉で費用の値下げや無料サービスを頼める場合もありますが、口約束だけではトラブルの原因になります。

一度に全て運びきれなかった。
積み切り契約で大量の荷物を残された。

リストに載っていない荷物があった。
ベット等大きな家具の吊り上げ、吊り下げ作業が必要だった。

運んでもらう荷物のリスト。

トラックのサイズや台数。

作業員の人数や有料道路の料金などの実費。

梱包や家具の分解・組み立て等、どこまで作業を作業員がしてくれるのか。

壁や柱を保護する養生作業の有無。

梱包資材の数や費用、無料サービス等。

エアコンの脱着、ピアノの運搬などの付加サービスの有無と料金。

特別な作業等の特記事項。

貨物保険の適用内容や限度額。

支払い方法。

要望や価格等、記載されている内容に漏れや、誤りがないかしっかりとチェックをしましょう。

また、業者は引越運送約款を提示する決まりになっていますが、見積もり書の裏面に印刷されている場合があります。

荷物の破損や紛失、キャンセルについて等、依頼者と業者間での重要な取り決めについて書かれているものです。
必ずチェックしておきましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
家具の搬入経路を確認
———————————————————————————-

引越し業者で見積もりをしてもらう場合は以下の点が必ず確認されます。
現在住んでいる階数や引越し先の階数、エレベーターが使えるのかどうかという事と大きな家具があるかどうかという事です。
もし大きな家具を引越し先に持っていきたいと思っている場合、運び入れたいと思っている部屋の間取りや搬入経路は事前に把握しておくようにしましょう。
これは引越し以外にも、新しい家具を購入して届けてもらう場合にも同じ事が言えます。
例えば、引越し先の二階にベットを配置したいと考えているとしましょう。
しかしきちんと事前に家具の搬入経路を確認しておらず、階段の横幅や縦幅の問題で、どうしても室内から持っていくのは不可能な状態に陥ってしまいました。
この場合、特殊なクレーンを借りて来たりして、外から荷物を運び入れることになります。
二階程度なら紐で結んで吊り上げるという方法もありますが、紐で家具に汚れや傷が付いてしまったり、紐が吊り上げている最中にほどけて荷物が落下して壊れてしまうという危険性があります。
なので、出来るだけ室内から運べるようにしておけるように、どこに家具を置くかは、きちんと寸法を測って決めておきましょう。
荷物を運び入れられないと、最悪の場合、搬入の日が伸びてしまう事もあります。
引越し業者によっては見積もりの時点でこの問題を教えてくれる所もありますので、当日に荷物が運べないという問題が起きないように、荷物を実際に動かす前に業者の方と何度か相談しておくようにしましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
数社から見積もりを取る
———————————————————————————-

引越し業者は引越しを専門にしている業者、一般貨物をメインに仕事の一環として引越もしている業者等、数種類あります。

ご自身のニーズに合わせて選びましょう。

引越し業者を選ぶ際、すぐに契約書せずに数社から見積もりを作成してもらい、条件を見比べて選びましょう。

引越しは費用がかかり、引越しが済んだ後も何かと家具を買い直したりと、何かと大きな費用がかかるので少しでも負担を減らしたいところです。

めぼしい引越し業者を数社選び、営業マンの話を聞き、値引きや無料サービスの交渉等、どれくらい費用を抑えられるのか、どんなサービスがあるのか、信用して引越しを任せる事ができるのか等、細かく具体的に話を聞いてから選びましょう。

会社や営業マンによって内容が結構違う場合がありますので、すぐに契約せずにじっくり選びましょう。

2社目の営業マンには1社目の見積もり書を見せたり、1社目の営業マンには2社目、3社目の見積もり書を見せたりとしていくとギリギリのラインまで値下げの交渉が出来るはずです。
受け身になる必要はないので、攻めの姿勢での交渉をしてみましょう。

その際、「今決めて頂ければ、いくら値引きします」とか「サービスします」などの営業マンの決め台詞が出てくるかもしれませんが、うまい話に乗せられない方が良いでしょう。

予定している見積もりが出終わるまでは即決せずに、他社を引き合いに出して吟味しましょう。

そして見積もりを出してもらう際、条件等は口約束だけでなく、見積もりにしっかり書いてもらう事が大切です。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
引越運送約款とは?
———————————————————————————-

引越し業者を選ぶ際、または見積もり書を出してもらったり、契約する際に引越運送約款という書類があります。

多くの業者は国土交通省が告示する標準引越運送約款を使用していますが、国土交通省の認可を受けて、独自の引越運送約款を使用する引越し業者もあります。

この引越運送約款には重要な取り決めについて定められており、見積もり時に引越し業者が提示する決まりになっていますが、申込書の裏面に記載されていたり、営業マンがざっくりと読み上げたり、渡すだけで省略されたりする場合がほとんどです。

細かい決まり事が書いてあり理解しにくいものですが、ある程度把握しておかなければ、後々トラブルにつながったりする場合がありますので、しっかり自分でチェックしましょう。
そして、この引越運送約款を面倒くさがらず、説明をしてくれる営業マンは安心して任せる事が出来るのでないか、というのも引越し業者を選び方の一つと考えるのも一つのポイントです。

チェックするポイントとしましては、引越し業者が運べない荷物、荷造りについて、引越し料金の支払い方法、解約・延期手数料、荷物の破損・紛失・損害賠償等、申込者に対して、重要な項目もあります。

そして、この引越運送約款には「見積もりは無料で内金、手付金等を請求しない。
」とあります。

もし、営業マンが内金、手付け金等の請求をしてきた場合、違反事項なので支払わない様注意しましょう。

その営業マンには速やかに帰ってもらい、他の引越し業者を選び、そちらに任せる方が賢明でしょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
午前便、午後便・フリー便
———————————————————————————-

引越し業者を選ぶ時に一緒に決めておきたいのが引越しする時間帯。

引越しには午前便、午後便、フリー便とあります。

午前便は朝一番から引越しを始めるもの、午後便、フリー便は引越し作業の時間が指定出来ないもの。

同条件の引越しの場合、午後便・フリー便の場合、午前便に比べれば料金が安くなります。
場合によっては午前便の半分ぐらいまで料金が変わってくる場合があります。

午後便・フリー便は引越し業者の都合で時間が変わります。

午前便の作業が終わり次第、その作業グループが午後便・フリー便の作業に移る仕組みになっています。
なので午前便の作業が長引けばそれだけ午後便の作業開始時間が遅くなり、午前便の作業が早く終われば午後便の作業時間が早くなります。

その為、作業開始時間が読みづらく、忙しい時期ですとかなり遅い時間の引越しになる場合があります。

また、午前便しか選べない場合があります。

引越し車両を何台も使う大掛かりな引越しの場合。
朝一から作業を始めても丸1日かかってしまう等、必然的に午前便の指定になってしまいます。

費用を抑えるためには午後便・フリー便にするのが良いですが、引越し作業の開始時間が解らない為、引越し当日の時間が有効的に使えない等のデメリットがあるのでそこも踏まえて考えて置けば、見積もりの際に話やすいでしょう。

しかし、営業マンの「そんなに遅くなりません」等の言葉はあまり期待せず、遅くなるものと考えておく方が良いです。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
営業マンの印象で選ぶ
———————————————————————————-

引越し業者を選ぶ際、数社の見積もりを出してもらって、その中から選ぶ事をお勧めします。

そしてそれを選ぶポイントの一つとして、営業マンの印象は大きなポイントになるのではないでしょうか。

相手は引越し業者を選ぶ時に申込者の相手になるのは営業マンです。
話し上手の聞きし上手です。
業者のアピールポイント、申込者にとって嬉しい事、契約に結び付きそうなおいしい話をどんどん出してきます。

しかし、気分が良くなってついついそこで決めてしまってはもったいない事になるかもしれません。

他社にも見積もりを出してもらって検討する事をしっかりと頭の中に置いておく事。

口に出して営業マンに伝えることも良いでしょう。

そして大事な事は口約束でなく、見積もり書に記載してもらう事。

引越し当日に作業するのは営業マンではありません。
作業員は営業マンが作成した作業指示書に沿って作業します。
見積もり時に営業マンが「何々も運びますよ」とか「何々はサービスしますよ」「処分しますよ」と口約束していても見積もり書、作業指示書に記載されていなければ作業員はしてくれず、言った言わないのトラブルにつながります。

営業マンの印象で選ぶポイントは良くコミュニケーションが取れる人かどうか、見積もり書に細かい部分まで記載してくれるかどうかをポイントにしておきましょう。

コミュニケーションがしっかり取れる営業マンが書く見積もり書は、話に出たサービス内容や料金の値引き等が密に記載されているはずです。
そこを業者の選び方に役立てましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
荷物の破損と保険について
———————————————————————————-

引越し業者の選び方についてですが、引越し業者を選び方として大切なのは、費用の問題だけではありません。

引越しは大きな出費になるので、少しでも費用は抑えたいところです。

しかし、安さだけでなく、安心して引越しを任せる事が出来る引越し業者を見分ける事も大切です。

例えば、荷物の破損等も良く耳にするトラブルです。

業者に依頼する引越しは、大きな家具から小物まで数多くの物をトラックに詰めて長距離運ぶ事がほとんどです。

作業員がどんなに安全運転に心がけていても、慎重に作業をしていても、絶対にミスがないという保証はどこにもありません。

もし「我が社のスタッフはプロなので慎重に作業し、荷物の破損や紛失の心配はありません」と言う営業マンがいるとします。

その営業マンは引越し当日、現場には居ません。
営業マンはあくまで営業が仕事です。
現場でのリスクやトラブルに関わりません。

万が一の時に頼れるのは保険です。
出来るだけ充実した保険がある引越し業者を選びましょう。
充実した保険会社に入れる業者はそれだけ破損等のトラブルが少ない業者とも考えられるでしょう。

そして、それは大手の有名引越し業者になる程同じ事が言え、安心して引越しを任せる事が出来ます。

引越しは新しい生活のスタートです。
新居で気持ち良く新しい生活をスタート出来る事は大切です。
トラブルは極力避けれそうな引越し業者を上手見極めて、無事に引越しが出来る業者を選びましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
荷物一時預かりサービス
———————————————————————————-

退去の日と入居の日がずれてしまうという事が発生してしまう事があります。
この場合、引越しで運ぶ予定の荷物をどうにかしなければなりません。
そんな時に、決まった期日だけ荷物を引越し業者に保管してもらえるというサービスが存在します。
業者によっては、預けている期間中に荷物の出し入れが出来ないという問題が発生する可能性もありますので、事前に荷物の取り扱いについては確認するようにしておきましょう。
また、一日単位の預かりサービスもあります。
一日何円という計算ですので、短期間であれば費用を安く抑えることが可能です。
さらに、長期間の保存を行ってくれる所もあります。
この場合は、引越し業者が、というよりはコンテナに荷物を預けるという感覚で利用可能です。
そのため、引越し予定がない人でも、部屋に入りきれない荷物などが預けられるという場合もあります。
また、別に不要な荷物があれば一緒に処分も行ってくれるサービスもありますので、一緒にプランを組むと少ない荷物で新居に移動することが可能です。
さらに、引越し業者であればこの一時預かりサービスの期間終了時には新居まで荷物を運んでくれるという事になっていますので、引越し当日には安心して身一つで引越し先に向かうということもできます。
しかし、保管庫の中では温度や湿度の調整ができないので、楽器や革製品など、悪くなってしまう可能性があるものは預けることが出来ませんので、注意するようにしてください。
他にも現金になるものは高価なものは預けることはできません。
あらかじめ見積もりの際に確認しておきましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
不要な荷物を処分してもらう
———————————————————————————-

引越しの際には不要なものが沢山出てきます。
この場合、自分で処分した方が格段に費用は少なく抑えることができます。
しかし、不用品回収の日に間に合わない、引越しの期日がない、処分する時間がないという人もいらっしゃるでしょう。
通常の大きいだけの家具でしたら、市の回収車に来てもらうことも可能です。
しかし、リサイクル法という法律でテレビや洗濯機、エアコンなどを処分する場合には、リサイクル券というものを発行しなければいけないと決められています。
この場合個人で処分するには、それぞれの家電メーカーに連絡をして、金額を確認し、郵便局で料金を支払い、既定の処分場所まで運ばなければいけません。
電気屋さんにお願いすることも出来ますが、買い替えの場合でないと処分してくれないという場合もあります。
しかし、このリサイクル券には金額の規定があります。
業者によって料金が違うのは、それぞれを処分するためにかかる人件費や燃料代などを加算しているためです。
料金は高めですが、引越し業者にお願いすれば荷物を運び出すついでに不用品も処分してもらえるため、負担や手間がかかりません。
また、引越し業者によっては処分品の中から使えるものを買い取ってくれるというサービスを行っている場合もあります。
リサイクルショップに持っていくのは大変ですが、このサービスを使えばまだ使えるものをリサイクルできる上に費用も抑えることができるのです。
また、リサイクル券を発行しなければいけない商品でも、型が新しいものであれば買取を行ってもらえる場合もありますので、見積もりの際に確認しておきましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
ペットも一緒に運べる
———————————————————————————-

遠くに引越しをする場合、ペットの移動方法に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。
自分で連れて行くという方法もありますが、移動手段によってはペットにストレスが溜まったりと、健康面などが気になってきます。
なので、引越し業者によっては、ペットを一緒に運んでくれるオプションサービスがあるところもあります。
ですが、この場合ペットを荷物として運ぶ所があるのも事実です。
ゲージに入れ、移動距離によってはトイレや飲食を我慢させるという事になったり、そのせいで体調が悪くなったりという事にもなりかねません。
事前にどのように運ぶのかは見積もりの段階で確認しておくようにしましょう。
また、ペットの引越しを専門にする業者も存在します。
これには、ゲージに入れずに飲食やトイレが自由に出来るようにしつつ運ぶ、ペットタクシーというものがあります。
さらに、料金は高めですが安心や安全をとりたいという方には、家庭のペットだけでなく、動物園の動物を運んだりするような大手の業者がおすすめです。
ペットを安全に目的地まで運んでくれるという信頼がおける業者が良いでしょう。
他にも、急な引越しをしなければいけないという場合に、24時間の引越しが可能な引越し業者もあります。
また、引越しの期間まで少し日にちが空いているという場合にも、期日までペットをペットホテルに預けられるというサービスもあります。
大切なペットですので、予算やサービス、安心を目安に選ぶようにしましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
遺品整理が出来る
———————————————————————————-

実家から出て親とは別に暮らしているひとも多いのではないでしょうか?実家に親が一人で暮らしているという場合、亡くなった後の遺品整理は親族である自分が行わなければいけません。
しかし、思い出が詰まった品々がたくさんあり、どれを処分していいのか分からない、気持ちが沈んで手を付けられないという問題が起こってしまうこともあります。
もし他に兄弟がいたりすれば、それぞれ親族への形見分けを行うための選別も行う必要があるでしょう。
実家が古くなってしまっている場合は、家を潰してしまうという選択を行わなければいけません。
そこで引越し業者にお願いして荷物を運び出してもらうというお願いをすることも出来ますが、実はこの遺品整理には特別な資格が必要です。
大切な思い出が詰まっていますので、出来れば遺品供養なども行ってくれる引越し業者が理想的と言えます。
また、オプションで面倒な行政手続きまで引越し作業と一緒に行ってくれる所もあります。
しかし、業者を選ぶ際に注意して頂きたいポイントがあります。
それは、遺品整理をお願いした際に、必ず業者が箱詰めする時に同席するようにするという事です。
そこで残すものはどれか、形見分けで他の場所に送らなければいけないものを選別します。
大切なものを処分されたというトラブルが発生してしまう可能性もあります。
また、見積もりの時の金額と違ったというトラブルもありますので、しっかりとどこまでが有料かどうか確認をしておきましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
急ぎの引越し
———————————————————————————-

人によっては、急いで引越しをしなければならないという場面に直面する場合もあるでしょう。
ですが、春先など引越し業者が多忙になる時期ですと、見積もりでしたら当日に来てくれる業者もあります。
しかし、当日の引越しも行ってくれる所は限られてきます。
この場合、希望に見合う業者が出てくるまで手当たり次第に電話をかけるという手もありますが、あまり荷物が多くない、単身での引越しをしたいという人には引越し業者にお願いするという方法がおすすめです。
24時間の引越しに対応してくれる引越し業者もありますが、急ぎの引越しなので、通常の引越し料金よりも少し割高な値段になってしまいます。
ですが、夜の引越し専門の引越し業者もありますので、まずは希望の金額でお願いできる所があるかどうか探してみて下さい。
さらに、不用品は処分したり、引越し先で家電を新しく買い替えるなど、出来るだけ送る荷物は少なめにしておきましょう。
こうしておくと、荷物を運ぶトラックが少なくて済むので、当日の引越しを引き受けてもらいやすくなります。
また、どうしても費用を押さえたいという人や、探す手間を省いて確実に荷物を運んでもらいたいという人は、引越し業者ではなく、宅配業者にお願いしてみてもいいでしょう。
場所や時間帯によっては当日中に荷物を運んでもらう事も可能です。
この場合も荷物が少ない方が料金も安く済みますので、持っていく荷物は出来るだけ少なく済むようにあらかじめ荷造りするようにしておきましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

———————————————————————————-
ハウスクリーニングをお願いする
———————————————————————————-

引越し業者によっては、室内や室外の清掃を代わりに行ってくれるという場合もあります。
その場合、害虫駆除などもオプションもついたりして、メーカーによっては一年間などの保証を行っている所もあります。
また、引越し契約の段階で、すでハウスクリーニングが付いている場合もあります。
この場合新居に引っ越す前に引越し業者へ頼むメリットとしては、引っ越し当時の破損具合などを写真として残してもらえるという事です。
こうしておくことで、退出する際に敷金の返金などの問題で揉める可能性が少なくなります。
また、退出する際にもハウスクリーニングをお願いしておけば、清掃業者にお願いする場合には業者の確認作業が必要になる事が多いのですが、その手間を省くこともできます。
自分で室内を掃除した方が料金を押さえることができるのですが、換気扇やお風呂場、エアコンなど、専門的な場所までしっかりと綺麗にするのには時間がかかります。
ある程度まとまった時間がある人以外では難しいでしょう。
また、新居に引っ越した際にハウスクリーニングと一緒にお願いできるサービスに盗聴器発見サービスというものがあります。
前の住人が知らず知らずのうちに仕掛けられているという場合もありますし、集合住宅の場合は、家の周辺に仕掛けられているという事もあり得ます。
犯罪に巻き込まれてしまう可能性もありますので、心配性の人は盗聴器発見サービスがある引越し業者に見積もりをお願いしてみるようにしましょう。

>>引越し業者を比較するならコチラへ

会社名 評価 ★★★★★
レビュー

レンタルサーバー